チョンマサZのニキビ対策オールインワンジェルの選び方

チョンマサZのニキビ対策オールインワンジェルの選び方

MENU

ニキビは現代病?

ニキビに悩まされている人たちを僕は勝手に「ニキビー」と呼んでいます。
ニキビーは、今や現代病といえるもののひとつではないでしょうか。
かわいくニキビーなんて呼んでいますが、実際にはかわいくなんてありませんよね。
ブツブツして見た目は気持ち悪いし、あまりたくさんできると周りの人から引かれることもあります。
10代の若い頃ならそれも「若いから仕方ないね」で済むのですが、大人になるとそうもいきません。
「生活が乱れてるんじゃないの?」とか、「脂っこいものの食べ過ぎだよ」とか、「ちゃんと顔洗ってる?」とか、、、それはもう、色々と失礼なことを言われてしまうわけですね。
まあ、言ってることはあながち間違いではないので否定するにも若干の苦笑いになってしまう。
大人のニキビって本当に嫌なものです。

 

 

ちなみに、ニキビと一言で言っても顔にできるものや、頭皮にできるもの、背中にできるものなど様々ありますが、今回僕がお伝えしたいのは顔にできるニキビです。
ニキビの原因は、毛穴の詰まりだったり、皮脂の過剰分泌だったりと一つではないのですが、まあ、ストレスもニキビの原因の一つでありまして。。。
たとえば仕事の悩みや人間関係のトラブル、結婚生活、子どもの悩み、疲れなども関わってきてしまうわけです。
これを全てクリアにしている人ってなかなかいないと思います。
ですから、僕だけでなく、一部の人だけでもなく、皆さん実はいつでもニキビができてもおかしくないわけなのです。

 

 

ニキビはしつこい!

ニキビは一度できたら二度とできないという優しいものではありません。
二度でも飽き足らず、何度でも同じ場所にできるやっかいなものです。
皮膚常在菌である「アクネ菌」は、通常だと何も悪さはしないのですが、紫外線などのダメージによって毛穴出口付近の角質が厚くなり、毛穴が塞がれてしまうと、皮脂が詰まってしまいます。
すると、その皮脂を栄養源にしているアクネ菌が過剰繁殖して炎症を起こす。
そしてニキビができて、ニキビーになっていくのです。
いやあ、ニキビはしつこいですよ。
すぐに治ることはあまりなく、しばらくは赤い顔で外を歩かなければならないわけですからね。
しかも、触ると余計にひどくなる。
これだけしつこいのは、人でもそうそういないと思いますね。

 

 

ニキビとともに生活している人たちは、洗顔料をニキビ用に変えたり、化粧水を買ってみたり、食生活を少しでも工夫してみたり悪戦苦闘している方がいることでしょうね。
僕も散々色々試してきましたからね。
それが、ここにきてちょっといいアイテムがあるかもしれない!という朗報を得たので、ニキビで悩む皆さん方にもお伝えしていきたいと思います。

皮膚科でニキビケア

ニキビができたたらまず考えるのは、どうやって治そうかという点。
手軽にできる洗顔料や化粧水の変更で治すことができればよいが、しつこいニキビともなると、そう簡単には引いてくれない。
そこで皮膚科に行こうか行くまいか。
一度は考えたことのあるニキビーたちも多いのではないでしょうか。

 

 

 

皮膚科のメリット

皮膚科で治療を行うことができれば、こちらの手間はほとんどかけずに治すことができるという利点があります。
市販の薬だと、どれがいいのかイマイチよくわからないし、洗顔料も種類が多くて悩む。
でも、皮膚科に行けば先生が診察して処方してくれた薬を飲めばそれだけで安心感はあります。
さらには、皮膚科の先生は皮膚のプロ。
ニキビの根本的原因の解消法についてもアドバイスしてくださることでしょう。

 

外用薬で治す

ニキビの治療で皮膚科を受診すると、多くの人は外用薬を処方されます。
ニキビの原因となるアクネ菌に対抗する抗生物質の入った塗り薬です。
また、毛穴の詰まりを解消するための外用薬を処方されることもあります。
すぐによくなることは難しくても、しばらく塗ることで徐々にニキビが引いていくでしょう。

 

 

内服薬で治す

ニキビの度合が重度の際には内服薬を処方されることもあります。
外用薬同様、経口摂取による抗生物質での治療が主になります。
また、ビタミン不足の人にはビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどのビタミン剤が処方されることもあります。
女性の場合は、ホルモンバランスを整えるために、ホルモン治療を行う場合もあります。

 

 

処置方法

クリニックに通うと、薬だけではなくてその場で行ってもらえる処置もあります。
有名なのは保険適用外のケミカルピーリング。
また、重度の炎症がある場合には、ステロイド剤を患部に注射する治療や、保険適用外のイオン導入、レーザー治療などの方法もあります。
これらの処置を行っている皮膚科は割と綺麗で女性の先生が多いイメージがあります。
ただし、通っているのもほぼ女性なので、男としてはなかなかの勇気を持って通うことになるかもしれません。
ニキビ治療を目的として皮膚科を受診するのであれば、事前にホームページを見て、処置内容、予約の有無等の確認をしておいた方がよいでしょう。

 

 

個人的には、皮膚科に通うのはおすすめしたいと思いますが、働いているとなかなか時間が取れないという男性が多いのも事実。
皮膚科以外にも、保険適用外の治療である、レーザー治療やケミカルピーリングを行っているクリニックはあります。
しかし、こちらも行くのにかなりの勇気を要するかもしれません。
皮膚科で治療できるのと良いとは思いますが、できない人は、ともかく食生活、睡眠時間、ストレスの改善を試みましょう。

ニキビ対策オールインワンジェル

ニキビ対策手段といえば、洗顔料や化粧水をニキビ対策専門品に変えるというのが常套手段ではないかと思うのですが、どうでしょう。
やっぱり、手頃な価格で購入できて、手軽に行えるというメリットから、ニキビができた人が一番やりやすい対策方法かな〜と思います。
とはいえ、あまり強い洗顔料を選んでしまうと、逆に悪化してしまうこともあるので、どれがいいのか判断に迷いますね。
僕も、クレアラシルやら、GATSBYやらAcnesやら試してみましたが、まあ手頃な価格で一番いいかな〜と思うのはAcnesでした。
とはいえ、洗顔料だけで治るニキビなら、そんなに悩まない。
やっぱり洗顔の他にもなにかアイテムが欲しいと思って調べていたところ、ちょっと有益な情報を入手したのです。

 

 

ニキビ対策にもオールインワンジェル?

ニキビ対策に専用の洗顔を使用しているけど、なかなかよくならないという人に朗報がありますよ。
なんと、オールインワンジェルでニキビ対策にも有効なものがあるというのです。
え?オールインワンジェルを知らない?
確かに、僕も知らなかった。
オールインワンジェルは、女性の間では毎日使っている人も多いアイテムで、洗顔の後に使用します。
化粧水・乳液・美容液・クリームなどの役割を一つのジェルで行えるというもので、これがなぜニキビに有効なのか疑問を抱く人も多いと思います。
しかし、実はニキビに有効とされるオールインワンジェルには特定の成分が入っていて、これがニキビ対策に役立ってくるのです。
さらに、ニキビは保湿が大切なので、男の乾燥肌には保湿成分もしっかり取り入れたいところ。
そこでおすすめなのが、一つで保湿もニキビ対策も行えるオールインワンジェルというわけなのですな。

 

 

ニキビへの有効成分

 

ニキビに有効であるとされる成分を表記しておきます。

  • プラセンタエキス
  • フラーレン
  • イソフラボン
  • ビタミンC誘導体
  • グリチルリチン酸ジカリウム

これらが含まれたオールインワンジェルはニキビケアに役立ちます。
特に、グリチルリチン酸ジカリウムについては、ニキビの治療薬にも使われ、抗炎症作用があることで知られています。

 

 

 

ニキビ対策に、聞いたとこもないような「オールインワンジェル」というアイテムが役に立つ。
これは、女性の間では結構知られているのかもしれませんが、男性陣は知らない人も多く、僕の中では大発見でした。
まだオールインワンジェルを試していないという人は、一度購入してみるといいですよ。
ちなみに、オールインワンジェルは、ドラッグストアの化粧水コーナーでも買えますし、ネットでも多くの商品が販売されていますので、一度ご覧あれ。

 

(出典:ブスのみ閲覧可!美人に教えたくないオールインワンジェル危険な口コミ特集

ニキビケアのすすめ

ニキビ対策ってどんなことを思い浮かべますか?
僕が最初に思い浮かんだのは、食事の改善であり、油っこい食事を減らすこと。
実際にニキビが最もひどかった時は、ジャンクフードばかり食べていましたからね。
部屋もものすごい汚かったな・・・となると、やっぱり清潔感も大事な気がしますね。
実際に、清潔さは大切となってきます。
たとえば、シャンプーやボディーソープが残ってしまうと、それが原因でニキビが出来てしまうことがありますし、頭皮の汚れがきちんと落ちていないこともニキビの原因となってきます。
ニキビはできた箇所によって原因が変わってくることがありますので、知れば知るほど面白いなと感じますよ。

 

 

 

おでこニキビ

おでこのニキビは、前髪のある人によく見かけれらます。
思春期でもニキビはできやすいのですが、大人になってもできている人たちがいますね。
何気に皮脂分泌の多いこめかみや生え際に、髪の毛が触れることでニキビができやすい環境なのです。
シャンプーや洗顔料の洗い残しには十分気を付けましょう。

 

 

あごニキビ

大人になっても結構見かけることがあるあごニキビは、なんと!ストレスや睡眠不足が原因でできることがあります。
あごニキビができたら、ストレスがたまっているか、睡眠不足ではないかと自分のことを振り返ってみてくださいな。
また、あごは手が触れやすいところでもあります。
考えるポーズをとったときなど、何気にふとした瞬間の行動によって雑菌が付着しているかもしれません。
あごに手が触れる癖のある人は、十分に注意した方がいいですね。

 

 

ヒゲに要注意!

男の場合は、ヒゲ剃りが刺激になって、毛穴の周りの角質が厚くなり、ニキビができやすくなってしまいます。
カミソリでヒゲの処理を行う際には、毛の流れに沿って、優しく行うよう気を付けましょう。
また、同じところを何度も剃らなくてもいいように、性能のいいシェーバーを使用するといいですよ。
カミソリを使用する際には、しっかりと毛を柔らかくして、シェービングフォームを使用しましょう。
ヒゲ剃りを行った後のアフターケア(保湿)もしっかり行うべきでしょうね。
ヒゲ自体が不潔でニキビをできやすくしていることもありますので、清潔に保つのを忘れずに。

 

 

ニキビ改善によい食材

ビタミンB群はニキビの原因である皮脂分泌を抑えるのでオススメですね。
ビタミンB群はイワシ、レバー、豚肉、納豆などに多く含まれています。
逆に、油っこい食事やアルコール、刺激物などは皮脂の過剰分泌を引き起こすので控えた方がいいとされます。

 

 

様々な原因によってニキビへと繋がってしまうので、細かいことに気を付けなければならないわけですが、まあ、これらをしっかりと守っていけばニキビはできにくくなるわけですからね。
ストレスなくできるこで、ニキビケアを行っていけるといいですね。

 

(出典:ニキビのケア方法

更新履歴